Information

【2018.12.16  ケアラー支援フォーラム2018「ケアラーには、だれのどんな支援があったらいいのだろう?」のお知らせ

 ケアラー支援フォーラム2018「ケアラーには、だれのどんな支援があったらいいのだろう?を開催します。

ケアラーの方々のスピーチのあと、具体的なケアラー支援について参加者のみなさんと考えます。

ぜひ、ご参加ください。

 

●日時:2018 年12 月16 日(日)13:00〜16:30
●場所:東京都生協連会館3階会議室(東京都中野区中央5-14-18 )
●定員:100 名(申込順)
●プログラム:シンポジウム「だれもわかってくれなかった ケアラーのわたし」
ワークショップ「具体的ケアラー支援、あなたの提案」
●資料代:1,500円(ケアラー・学生:500円)
●申し込み:Email(info@carersjapan.com)もしくはFAX(03-5368-1956)

氏名、所属、職業、住所、電話(Fax)、Emailをご記載のうえ、お送りください。

※Emailの場合、件名は「ケアラー支援フォーラム参加希望」とご記載ください。

※FAXの場合、添付のチラシ(クリックすると拡大します)、もしくは下記のPDFをダウンロードしてご使用ください。

●問い合わせ先:info@carersjapan.com

 

ダウンロード
18ケアラーフォーラムチラシ(Web.pdf
PDFファイル 427.5 KB

【広島市で2回目の「ケアラー支援講演会」が開かれます】

 

2019年1月26日(土)13:00から広島市総合福祉センター5階ホールで、今年2月の初回に引き続き『第2回ケアラー支援講演会in広島「ケアする人をケアするために」』が、「日本ケアラー連盟」「家族介護者サポートネットワークはぴねす」「広島市男性介護者の会連絡会」「素人介護劇団はぴねす座」の4者の共催で開かれます。3団体それぞれの代表の講演のほか、それら団体メンバーと有志により立ち上げられた「素人介護劇団はぴねす座」の「ケアラーの赤い風船」の旗揚げ公演があります。 なぜケアする人への支援が必要なのか。どのような支援が望まれているのか。いっしょに考える機会になることを願っています。
当日のプログラムは以下のとおり。

※申し込みは不要です。

●はぴねす座公演「ケアラーの赤い風船」
●講演1:児玉 真美(日本ケアラー連盟代表理事)
「障害のある子をもつ親としてケアラー支援に望むこと」
*1956年生まれ、呉市在住。京都大学卒業。翻訳・著述業。1987年生まれの長女に重症心身障害がある。著書に『私は私らしい障害児の親でいい』(ぶどう社)、『海のいる風景―重症心身障害のある子どもの親であるということ』(生活書院)など。
●講演2:戎 世伊次(広島市男性介護者の会代表)
「男性介護者への支援を考える」
●講演3:北川 朝子(家族介護者サポートネットワークはぴねす代表)
「介護者支援とカフェの役割」
○コメンテーター:手島 洋(県立広島大学保健福祉学部人間福祉学科講師)

参加費は資料代として500円。広島市高齢者いきいき活動ポイント事業の対象です。ポイント手帳をお持ちください。

……………………………………………………………………………………………………
…………………………
第2回ケアラー支援講演会in広島
「ケアする人をケアするために」
With素人介護劇団はぴねす座旗揚げ公演
日時:2019年1月26日(土)13:00~15:30 (開場12:30)
場所:広島市総合福祉センター5階ホール 

732-0822 広島市南区松原町5番1号 BIG FRONTひろしま
共催:一般社団法人日本ケアラー連盟・特定非営利活動法人家族介護者サポートネットワークはぴねす・広島市男性介護者の会連絡会・素人介護劇団はぴねす座

お問い合わせ先:happiness.carers@sky.megaegg.ne.jp

 

【2018.5.31 国会で 「ヤングケアラー」がとりあげられました】

5月31日、参議院厚生労働委員会にて、薬師寺みちよ参議院議員が「ヤングケアラー」について質疑をしました。日本ケアラー連盟の過去の調査報告書が配布され、実態把握や相談窓口設置の必要性について質疑があり、厚生労働大臣や文部科学副大臣から、きめ細かい支援と厚労省と文科層の連携などについての答弁がありました。国会で「ヤングケアラー」が取り上げられ、今後の施策に関する答弁があったことは、大きな一歩です。

 

※動画がアップされています。参議院インターネット審議中継から、「2018年5月31日」「厚生労働委員会」を選択するとご覧になれます。5時間39分48秒あたりから約20分間です。

ぜひご覧ください。

 

 

ケアラー実態調査

ケアラーの実態を把握し、総合的に支援する仕組みや施策の創造を目指して調査研究を行っています。

介護者支援法

ケアラーの支援を実現するため根本的な仕組みである支援法制定や政策実現を目指して活動しています。

ケアラー支援フォーラム

活動報告とともに、ケアラーへの情報提供、ケアラーへの理解を広めるためのフォーラムなどを開催しています。